お昼はたこ焼き。

いつもは小麦粉と卵と昆布だしとたっぷり目の水(サラサラになるぐらいの量)をベースに天かすを入れて、作っていましたが、

 

今回初めて、日清の「昆布だし香るたこ焼粉」を使って作りました。

焼いてるときは、表面少しカリカリ、焼き終わると、外も中もモチっとやわらかく、自分で作るよりも旨いかも・・・。

 

f:id:yuyuykun:20161015192526j:plain

 

今日の中身は、タコさんとウインナー。

タコさんウインナーではありません。あしからず。

 

たまにはたこ焼きパーティしませんか?

 

昆布だし香るたこ焼粉200g

昆布だし香るたこ焼粉200g

  • ジャンル: スイーツ > その他
  • ショップ: Vドラッグ 楽天市場店
  • 価格: 105円

日清フーズ 昆布だし香るたこ焼粉 400g ×12個【送料無料】

日清フーズ 昆布だし香るたこ焼粉 400g ×12個【送料無料】

  • ジャンル: 食品 > 調味料 > その他
  • ショップ: 紀州和歌山てんこもり
  • 価格: 2,969円

 

 

 

上下逆だがこのようにわかれている。複雑。。

f:id:KatagiriSo:20141016013825p:plain


昨年は空き巣未遂の被害にあっていた成人の日が絡む三連休。
今年はそういった被害もなく、無事に某後輩とスキーに行ってきました。

場所は安心と信頼の湯沢中里スキー場です。
(ようやく今シーズンのシーズン券が使えたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ)

朝イチで中級者コースに行ったら雪が積もったばかりの状況でめっちゃふわふわだったのですが、ちょいちょい他の人が滑った事で踏み固められた場所も混在していたりで、自分の腕では滑るのに苦労する状況だったのですが、数本滑ってみたらふわふわの雪がなくなった代わりにゲレンデがいい感じに均されたようで、大分滑りやすくなってました。

ただ、その位から三連休初日というのもあるのか、人がかなり増えてきまして、それはそれでシンドイ状況になってきたなぁということで、早々に退散と相成りましたが…。

(いや、いいんです。どうせまた来週来るし、そもそも今回行ったのは車を新潟の家に置いてきた後輩を送っていくのと来週用に板やらウェアやらを先に後輩の家に置かせてもらうというが主目的でスキーはついでだったので。ええ、結果朝10時位から午後1時位まで8本も滑れればいいんです。スキーはついでだったので)

帰りは後輩はそのまま残るということで独りだったのですが、早々に退散したおかげで時間はそれなりにあったということで敢えて湯沢から家まで一般道で帰ってこようとか、そういった事は20代のうちでやめておけばよかったのに(例:下道で江東区から杉並区、奥多摩経由で山梨に行って、山梨からは甲州街道を通って帰ってくる。とか、江東区から杉並区、飯能市、秩父市経由で山梨に行って、山梨からは甲州街道で(ry というのを20代の頃はよくやっていた。)、何故かチャレンジ精神旺盛な自分が出てきてしまって、延々下道を使って帰ることにしました。

途中、前橋で初市まつりっていうのがあってその影響ですごい勢いで渋滞に巻き込まれた事で面倒になって、前橋-東松山は高速使っちゃいましたがなんだかんだで7時間ちょっと、中々と手応えのある運転でした。

ということで、今日撮った写真の一部でも。

f:id:okaji:20160109095511j:plain
朝イチのパノラマコース(高速リフト降りた所)

f:id:okaji:20160109141827j:plain
スキー終えたら晴れてた

f:id:okaji:20160109152335j:plain
帰りの道中。この時期に地面が見えるっていうことはやっぱり雪が少ない。


f:id:okaji:20160109162656j:plain
帰りの道中(2)。温度計が氷点下を表示してました。

では。

f:id:yume-oi:20170515113236j:plain

 

何年前かわすれたけど、聖子ちゃんが初めて現れた時は驚いた。

 

。。。可愛かった。可愛かった。

 

見たらわかるけど、まったく美人じゃないけど

なんというか、赤ちゃんがそのまま10代になったような可愛さだった。

 

この画像はどっかで拾ったのですぐに消されるかもしれませんが

 

f:id:yume-oi:20170515113400j:plain

 

もう、可愛いとしか言いようがない。

まあ、それぞれ好みがあるから、意見はいろいろあると思うけど

私の好みにどストライクだった。

 

かわいいわあ、と思って私はテレビの聖子ちゃんを見ていた。

 

そして、この可愛い聖子ちゃんは、

歌もうまかった。

青い珊瑚礁なんて、私カラオケで「あーーー!」

の一声さえ出ないよ。

 

でもって、この可愛い聖子ちゃんはテレビで

「私、髪の毛伸びるの早いんです。スケベだと、髪の毛が早く伸びるんだって」

 

と言い放ちましたね ^^;

おばさんは、ちょっと心臓が止まりそうになりました。

アイドル道をまっすぐ進みつつある聖子ちゃんは、

自分はスケベだと自ら言っているんだから。

 

まあ、その後の聖子ちゃんを見ていると確かにスケベだと思うけど。

 

聖子ちゃんは可愛かったけど、美人じゃなかった。

それで、聖子ちゃんのコンプレックスの場所はすぐに解った。

 

聖子ちゃんのコンプレックスは目と歯だ。

 

目は奥二重で可愛いんだけど、美人の目ではない。

案の定、聖子ちゃんは目と歯を直した。

他も直しているんだろうけど、素人でもわかるのはこの2箇所だ。

 

整形した(とあえて言うけど)聖子ちゃんは

目が大きくなり、歯がきれいになったけど

美人にはならなかった。

 

もう、可愛いでもなく、綺麗でもなく、半端な立ち位置になった。

でも聖子ちゃんは整形しても、聖子ちゃんとすぐわかる。

 

実は私は整形して、自分で作詞作曲して

男漁りをして、という聖子ちゃんに興味はないのである。

 

聖子ちゃんは整形してもいいし、男漁りをしてもいい

なんなら、子育てを放棄しててもかまわない。

だって、聖子ちゃんはスターになっちゃったんだもん。

 

スターが家事したり、子育てしたり、しなくたっていいんじゃない?

お金があるんだから、家事なんかいくらでも外注できるし

子育てだって乳母も、疑似お母さんも、お金で雇えるし。

 

だから、私は聖子ちゃんのすべてをまるっと認める。

 

だけど、私の好きだったのはフリフリアイドルだった

20代前半までの聖子ちゃんで

今の貫禄が出てスター然としている聖子ちゃんには

全く興味がない。

 

 

ところで、このブログを、ワードプレスに移そうと画策しております。

更新が、しばらく少なくなりますが。お見捨てなく、よろしくお願いします。

m(_ _)m m(_ _)m

 

 新聞記者・ヤマニシの手記を理解する上で必要ないくつかの事項を今ここで明らかにしておきたい。内容についての詳細は私には皆目わからない。私はただ事実を述べるだけであり、これをもってヤマニシのたどった数奇な人生を理解するうえでの手助けとなれば幸いである。

 19××年に県立ワカサギ高等学校と州立セントマリアンヌ女学院との間で繰り広げられる伝統の一戦の内容は一般には公開されていない。そもそもどんな伝統が根付いているのかすら外部の人にはわかっていない。卒業生はもちろんその一戦を経験したのだろうが、どの人を問いただしてみても「教えるわけにはいかない」との一点張りとなってしまうのだ。国内でも有数の凄腕ゴシップ記者M氏が県立ワカサギ高等学校に468日間張り込んだ結果によると、秋の深まる11月の昼下がりに突如として現われた馬の群れが校庭に勢揃いしたのだという。その馬たちがどこからやってきたのかすらわからず、乗っている女学生たちは全員黒ずくめにフルフェイスの怪しげな出で立ちだった。「全身覆ってるならなんで女学生ってわかるんだよ」との突っ込みをうけたM氏は数日後に精神崩壊を起こし島の上の隔離病棟に収用されたという。

 M氏のデスクを引き継いだ人物こそがヤマガタであった。彼はM氏の書類を整理する最中、伝統の一戦について興味を抱き、とっとと別の事件について調べてほしいという新聞社の方針を裏切って独自に調査を開始した。20××年の秋のことである。

 県立ワカサギ高等学校の所在は全国的にもはっきりしており、ヤマガタが目を付けたときにはすでに廃校となっていた。川辺に大きな校庭を有するこの学校は見た目こそ立派だったものの、設立されたのがN県の片田舎ということもあり少子化の煽りを受け、わずかに三人だけの卒業生を見送った後にその役割を終えた。今存在している校舎にはツタが蔓延り、ひびが割れ、肝試しにやってきたアホな若者たちの巻いたコンビニ弁当の空き箱で埋め尽くされている。「そんなにコンビニ弁当ばかり集まるのは異常である。何か特別な秘め事があるに違いない」とテレビの怪しげなおばさんコメンテーターが息巻いていたが、大きなお世話である。コンビニ弁当で三食済ませる人間が贅沢だと言うことを知ろうともしない酷い女だ。家畜になるだけ豚の方がマシである。言い過ぎか。

 州立セントマリアンヌ女学院については謎が多かった。そもそも州立ということはわかっているがそれがどの州に属しているかもわからないのだ。それなのに州立という呼び名が広まっているのはM氏の綿密な張り込みと聞き込みの成果であり、突如として現われた馬たちに乗っていた人たちがメガホン片手に宣誓を述べている中でその学校名を聞き分けたのだという。M氏の残したテープレコーダーにもその宣誓は記録されている。話しているのはセントマリアンヌ女学院のススキガハラ某という生徒である。彼女の名前を検索してもやはり結果は出なかった。

「そもそも伝統の一戦がなんなのかわかっちゃいないのよ」

 県立ワカサギ高校に通っていた一人、皆川香津美さんはこう答える。

「私が生まれたときにはもう伝統も終わっていた。すごさだけが広まって、生徒たちの間に語り継がれているってわけ。セントマリアンヌがどこだかも知らないし。知らないところなんだけど、有事には旗を掲げるの。意味なんかみんな知らないの」

 ヤマニシは行き詰まっていた。およそ五年間、ヤマニシの手記には新しいことは何も書かれなかった。その五年後に、ヤマニシはひとつの閃きを表題として掲げた。

「失われた伝統は形を変えて根付いているのではないか」

 県立ワカサギ高校はどこにでもあるような平凡な県立高校である。五年前にも再三に渡り足を踏み入れ、インタビューも繰り返したが、伝統の一戦についてのめぼしい成果は得られなかった。だが、今度のヤマニシは生徒手帳を読み込み他の高校との差異を見つけようとした。そうして発見したのが次の一文である。

「女子はうなじを見せてはいけない」

 ヤマニシが確認したところ、県立ワカサギ高校の女生徒は全員が後ろ髪を下ろしていた。このことについて校長に質問したところ、「昔からそうなっておりますので」と曖昧な表情で答えたらしい。実際似たような校則を掲げる高校の例も存在していた。だがヤマニシはこの校則に強く惹かれ、以後女子のうなじそのものの研究へとシフトしていった。

 昨年末の家宅捜索でヤマニシの自宅から押収された女子のうなじのスナップ写真は10000点を超えている。日本全国を回り撮影されたそれらの写真は事件の重要な証拠書類として警察が保管しており、その内容をすべて確認できてはいないが、リークされた画像を見るにその多くが女性の斜め後ろから隠し撮りをするかのように撮影されていた。

 ここからは私の推測である。

 ヤマニシが被害者の女性たちの喉を切りつけたのは、この写真集めと関係があるのでは無いか。つまり彼は、首に見られる何かの特徴を頼りに斬りつける対象を探していた。それはおそらくセントマリアンヌ女学院に関係する特徴である。斬らなければならない理由はヤマニシ本人に確認するしかないが、ヤマニシ本人セントマリアンヌ女学院との関係が見られない以上は、人間全体への驚異を予測してのことだったのではないだろうか。

「私に述べられることはこれがすべてである。ヤマニシ本人のプライベートな事柄については関知していないので答えられない。事件に興味はあると言えばあるが、私にだって生活があり、平穏な日々を臨んでいる。これ以上踏み込むつもりもない。このメールでの返答もこれきりとさせていただきたい」

 

 長い書き込みを終えた私は伸びをした。コーヒーでも飲もうかと思案し、ふと気になって首を撫でた。皮膚があり、管の感触があり、のど仏がある。それ以外に何もない。みつけたとすれば、しるしか、突起か。

  首を振る。もう関わらなくて良いのだ。自分自身にそう言い聞かせる。首は触りやすくていけない。

 窓を見やる。雨空は分厚く空を覆っており、しばらくはいくらの晴れ間も見せてくれそうになかった。

開設一周年です

当ブログ「検索サポーター」が本日、開設一周年を迎えました。

 

2014年7月1日にスタートし、更新したエントリー数はこのエントリーを含めて389エントリーとなります。

 

ブログを始めた当初は毎日複数のエントリーをアップしていたのですが、最近はおかげ様で仕事が忙しくなったこともあり、毎日は更新できなくなってしまっています。

 

(その仕事も当ブログを通しての依頼であり、サイト運用、ディレクション、アクセス解析などはもちろん、最近は執筆、寄稿の依頼をよくいただいています。)

 

そんな状況でも何とか続けられているのは、ひとえにブログを読んで下さっている皆様のおかげです。

 

この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございます。

 

ありがとうございます!

 ありがとうございます!

 

沢山のリアクション

ブログを更新すると、TwitterやFacebookでのシェア、はてなブックマーク、スターなどを読者の皆様からいただけることが私にとってはとても励みとなっています。

 

また、他のブログで元ネタや補足情報として言及をいただけることもあり、自分が発信した情報が少なからず影響を与えているということを実感すると共に、(大袈裟に言えば)自分の、そしてブログの存在意義をも感じています。

 

承認欲求といえばそれまでかもしれませんが、やはり読者の皆様にリアクションをいただくことはとても嬉しいものです。

 

 

今一度、指針と目標を確認

本日一周年を迎えましたので、ここで今一度、当ブログの指針と目標を確認しておきます。

 

ご存じの通り当ブログのテーマは「WEBの情報(主にSEO、SEM)」であり、モットーは「WEBに興味のある人だけでなく、特にWEBにあまり関係を持たない一般の人にもSEO、SEMの話題、集客活動を啓発すること」です。

 

WEBでの集客活動に興味はあるが、具体的に何をすればいいのか分からない人の助けとなる情報を提供することをいつも心掛けて更新しています。

 

また、ただ情報を提供するだけではなく、必ず自分の意見、考察を踏まえるようなエントリーを行うようにしています。

 

人の心はコピペ出来ないからこそ、自分の意見、考察を書くことが一番の王道であり、オリジナルに昇華されます。

 

これは「良質なコンテンツ」の定義と一緒ですね。

 

 

開設当初から「知識がない人が読んでも分かりやすいようにエントリーすること」を心掛けていますが、それでも最近は「内容が難しい」という声をいただくことがあります。

 

よって、今後は更に簡潔で理解しやすい内容に、平易な文章にすることをもっと心掛けていきます。

 

(簡潔で理解しやすい内容、平易な文章にすると「中身が薄い」と揶揄されることもありますが、それだけ分かりやすいエントリーであるという証左でもありますしね。)

 

今一度確認です。

今一度確認です。

 

指針、目標

以下は以前に纏めた指針、目標です。

ここで今一度示しておきたいと思います。

 

エントリー

1.必ず自分の意見、考察を書く

オリジナルを目指すのはもちろんだが、これがないと意味がない。これが個性を出すということに繋がる。

 

2.何も知らない人でも読める工夫をする

メインのテーマが専門的なことなのでどうしても読者が限られるが、だからこそもっと平易で分かりやすい、何も知らない人が読んでも面白いと思えるようなエントリーを目指す。

 

3.何が嫌いかより何が好きかで自分を語る

エントリーだけでなくコメントにも言える。嫌いなことを書くよりも好きなことを書いたほうが楽しいし、人は居心地がよい場所、快になる場所に集まってくる。

 

4.ニーズを読む

3とは矛盾する部分もあるが、自分の好きなことばかり書くのではなく、ユーザーが求める情報、ニーズに応えることが出来るエントリーを目指す。

 

5.ローマ(ブログ)は一日にして成らず

コツコツとエントリーを積み重ねていくことで信頼を得る(コンテンツの充実はSEO的にも有効である)。

  

システム

6.ユーザビリティを絶えず考える

トップページ、サイドメニュー等の最適化を随時行っていく。そのときの流行など、ユーザビリティも時が変われば変わっていくものと捉えておく。

 

コミュニケーション

7.ユーザーとのコミュニケーションは極力取る

但し、全てに返事をするわけではない。明らかな悪意はスルー(ケースバイケースで対応)。

 

 以上

 

【ブログ運営】一番難しい「個性を出す」ということ - 検索サポーター

 

そして、これから。

 そして、これから。

 

最後に

本日、無事に一周年を迎えたことで改めてブログを続けたい気持ちを再確認出来ました。


むしろ今まで以上に力を入れて運営していきたいです!

 

今後とも「検索サポーター」をよろしくお願いいたします!

 

 

On every occasion we pay attention the word Plagiarism, the first picture that comes to our minds is the one approximately a high faculty or university scholar plagiarizing on her paper. The fact, however, is lots greater wonderful, as each day, we pay attention information approximately well-known human beings, educators, mentors or even political figures plagiarizing in some manner. This week, the defense minister of Germany turned into pressed to renounce due to of plagiarism pointers. Mr. Karl-Theodor zu Guttenberg stepped down from his office on Thursday, over revelations of enormous plagiarism times of plagiarism in his doctorate thesis. plainly, the previous defense minister ripped a large amount of written content material from a previously launched publish into his inspect, however by no means cite his sources.

Likewise, Rene Lafreniere, a well-known head of surgical remedy at the university of Calgary , became determined to have plagiarized via replicating fabric from medicinal journals without providing right credit. In comparison to Mr. Guttenberg, Rene is truly nonetheless practicing and certainly in no way confronted any disciplinary measures because of plagiarizing.

Without a doubt, plagiarism is a phenomenon that is affecting a extensive range of human beings from all avenues of existence. the largest slips made while managing this predicament is to name an character who plagiarized a cheater and pass ahead with disciplinary measures such as postponing the scholar. This method is innately erroneous as it neglects to renowned the main motives for plagiarism which can be usually cultural and emotional in nature. In brief, nobody plagiarizes inside the hobby of plagiarizing. as an alternative, there are surely several elements in consideration that induce a person to copy material originating from a supply with out supplying correct credit to the preliminary author.

Previous to we observe a number of those factors, its far critical to understand what plagiarism is and the manner college students regularly wind up carrying out this terrible sin. In primary terminology, plagiarism is using someone elses textual content or principles while no longer supplying that man or woman suitable credit. thus, every time you replica some thing from some other source and neglect to correctly well known the foundation, youre wearing out plagiarism. This receives greater complex when the individual inadvertently does no longer file sources, and this is standard amongst the large majority of college college students because of lack of corporation or maybe physical and intellectual tiredness.

You will  find out a few specific motives why learners plagiarize in conjunction with deficiency of library abilities. Many professors just think that their students were taught important academic writing capabilities, this is normally incorrect. Huge college university college students do not apprehend the various educational styles like MLA and APA and now have by no means drafted an real studies paper in their whole lives. Several of these university college students have now not been taught exactly a manner to encompass quotations often of their composing and properly cite the origins within the bibliography. Consequently, infinite students, under time stress, would just duplicate content material from a e-book or an internet net web site and pass ahead with their composing , not noticing that every external deliver desires to be referred to within the proper format.

Educators should take obligation with regard to plagiarism and  make certain that newbies are equipped with the proper information to preserve smooth of plagiarism within the first vicinity. its miles likewise advocated that students appoint an internet primarily based plagiarism checker to test their writing prior to filing it to ones personal professor.

赤松健、講談社。は、僕がとても好きなネギま! の十八巻目、長かった非常に長かった学園祭の〆のしめの巻でございます。単行本以外に雑誌でも追いかけているんですが、つくづく単行本で読む漫画ですね。引きが大胆すぎてすっぱり切れるし、情報量とキャラクターがおおいし。まとめて詠まないと、情報量に押し流されて演出の妙とか見過ごしてしまうことが多いです。
まぁ超との決着をつけて、個別エピソードを挟んで第二部に続く、という巻。雑誌連載時は「超残るかも」と思ったわけですが、まとめて読むとまぁ絶対に残らない流れになってる。個人的には、あそこまでジャンケンの軸をずらした戦いだったので、超が引く形で決着したのは少し惜しかったかも。でもまぁ、あの引き方じゃないと終わらないしなぁ。
個別エピはやっぱ美空&ココネの話が秀逸。ネギ周りの女性関係を収集させたり、ネギの心境を整理したりと何気につなぎとして重要な話で、演出も巧い。相も変わらず本屋―ゆえラインのどろどろ加減は読んでいて楽しい。前回の解決(もどき)が何も解決になっていないのが露呈したり。まぁそれはそれとして、ココネと美空が延々キャッキャキャッキャしており大満足。常にゼロ距離接触しているココネと美空は、とてもよろしい素晴らしい。今後もちまちまと出てきて欲しいものです。
次からはウェールズ編。しばらく地固めして、また大きく回るかな、っつう気配です。なんだかんだでこの漫画とても好きなので、いいテンポで流れてきててとても楽しみ。しかし、徹底して単行本に何話入れるか、単行本がどこで切れるか、を計算した話の構成だあなぁ。

モヤさま新井薬師後編「野方へ移動」から

 

前編はコチラ

モヤさまに学ぶBGM選曲のセンス〜新井薬師(5月11日放送)〜前編 - アツシ×ケイゾウブログ ~笑いたきゃ笑ってくれ!俺らには夢がある。~

 

f:id:nanaironokakehashi:20131129004601j:plain

 

昭和11年創業の「野方堂」では

モヤさま定番のsnuff「おべんとうばこのうた〜パンク~」

おべんとうばこのう

おべんとうばこのう

  • Snuff
  • Rock
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

怪獣好きの集まる「大怪獣サロン」では

ゴジラ、キングギドラでおなじみの怪獣大戦争のメインテーマ。

 

怪獣大戦争マーチ

怪獣大戦争マーチ

  • Hommarju
  • Dance
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

1965年って50年近く前だ。

やはりゴジラのあの曲は使わないか。。。

 

価格破壊なブライダルショップ「AnnieBridal」では

さすがモヤさま、ありきたりなウェディングソングではなく

The 5th Dimension の「ウェディングベルブルース」

Wedding Bell Blues

Wedding Bell Blues

  • The 5th Dimension
  • Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

のおもちゃ屋さん「ベビートイApty」では

木だけにウッド繫がりで「Woodys Roundup」

ウッディのラウンドアップ

ウッディのラウンドアップ

  • ライダーズ・イン・ザ・スカイ
  • Disney
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

初めて聴いた。

 

都立家政に移動

フランス菓子ふじの木の「かせいチャン」では

原画のちばてつやさんつながりで

アニメ「あした天気になあれ」の主題歌

「明日はシャイニングスカイ」

ちばてつやときてあしたのジョーを使わないあたりはさすがモヤさまセレクション!


あした天気になあれ OP 「明日はシャイニング・スカイ」 Full - YouTube

 

以上、西武新宿線沿線でした。

今回は半分くらい知らない曲でした。始めてみたはいいけど調べるのもひと苦労。

 

エンディングは矢野顕子「飛ばしていくよ」


矢野顕子 - 飛ばしていくよ 【MUSIC VIDEO(Short Ver.)】 - YouTube

 

次回は「小田原」編

どんなBGMが使われるか楽しみです。

 

関連リンク

モヤさまに学ぶBGM選曲のセンス〜新井薬師(5月11日放送)〜前編 - アツシ×ケイゾウブログ ~笑いたきゃ笑ってくれ!俺らには夢がある。~

 

 

モヤさまの秀逸BGM - アツシ×ケイゾウブログ ~笑いたきゃ笑ってくれ!俺らには夢がある。~

 

 

   

エイリアンズ

2018/01/27

久しぶりにアルバムを買った。
ファンク。

パラサイティック・ガール

パラサイティック・ガール

  • アーティスト: SCOOBIE DO
  • 出版社/メーカー: CHAMP RECORDS
  • 発売日: 2008/04/02
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (34件) を見る